赤ちゃんに適したウォーターサーバーとは

水道の蛇口から流れる水には色々な不純物が含まれているので飲み水はミネラルウォーターを購入すると言う人もいれば、ミネラルウォーターはその都度買いに行かなければならないのでウォーターサーバーを導入する人も多くなっています。



どちらも不純物が含まれていない水を飲むことが出来るメリット、料理にも使えるなどのメリットが在りますが、ミネラルウォーターを飲料水や調理で使う水として使う場合、家族が多い家などでは購入しなければならないボトルの本数も多くなりますし、一ヶ月の水代だけでもかなりの金額になるケースも在り、ウォーターサーバーの方が経済的になる事も少なく在りません。



また、赤ちゃんがいるので安心して飲むことが出来る水を選びたいという人も多くいますが、赤ちゃんは内臓が未発達であり、過剰なミネラル成分はお腹を壊してしまう原因の一つでもあり、ウォーターサーバーを選ぶ場合には赤ちゃんに優しい水を給水できるタイプを選んであげるのがお勧めです。



元々、粉ミルクにはミネラル成分が必要量入っているため、これに加えてミネラル成分が多い水を与えてしまうと便が緩くなるなどの原因にも繋がります。

一般的に、外国産の天然水にはマグネシウムやカルシウムと言ったミネラル分が多く含まれていると言われているので、日本の天然水を選ぶか、ピュアウォーターと呼ばれているRO水を選ぶのがお勧めです。


また、ミルクは熱湯で作ってもそのままでは飲むことが出来ないので、ウォーターサーバーを選ぶ時にはお湯の設定温度を変えることが出来るタイプを選ぶのがお勧めです。